アマビエチャレンジ

アマビエは、江戸時代に肥後(熊本県)の海から姿を現し、「疫病が流行した際は私の姿を描き、人々に見せよ」と語ったと伝えられる妖怪で、新型コロナの感染拡大を受け、インターネット上にイラストなどを投稿する人が相次ぎ話題となっています。厚生労働省でもこれをキャラクターにした若者向けサイトを立ち上げています。このアマビエを協会としてキャラクター化し、店舗の活性化につなげるものとなります。

今回のキャンペーンは、キャラクター製作者の本多エリカさん(鹿児島市・スイートスイーツ)の言葉を借りますが、ほんの少しの神頼み(妖怪頼み)でもいい、疲弊した気持ちを少しでも明るい気持ちにさせられるかもしれない、そんな願いのこもった「アマビエチャレンジ」です。

協会ホームページからダウンロードできるポスターを作製しましたので、ホームページ右にある「会員のみなさまへ」のバナーから入り、ダウンロードしてください。また6月当初を目途に、協会より「アマビエジェラートピック」(写真参考)を300本、「アマビエナプキン」を500枚お送りいたします。

キャラクターをビスケットやクッキー等に加工して、トッピングキャンペーンを行うなど、各店舗で自由にお使いください。